料理

料理男子が最初に覚えるべきレシピ

投稿日:

Pocket

何のため、誰のために料理を覚えるの?

はい、みなさんどーもこんばんは。最近『かつらむき』にはまっているbuffaroです。

昔から包丁を使うのが好き(決してサイコパス的発言ではない)で、どうせならかつらむきとか和食でつかうような飾り切りができるようになりたいってことで、手始めにかつらむきの練習をはじめました。まだ、このブログではかつらむきとか、そもそも料理に関しての詳しい記事も少ないのですが、今後増やしていくつもり…。

んで、前回僕の中で思う「男なら料理しろ」って感じの記事を書いてみた。

もしかしたら前回の記事を読んで、料理を始めてみようと思ってくれた奇特な人がいるかもしれない。いや、今はいなくとも今後現れるかもしれない。という絶望にも似た感情を抱きながらこの記事を書いてみることにした。

とりあえず、料理初心者におすすめな家庭でできるお手軽料理の紹介です。

あ、大切なのはだれの為に料理を作るのかってことなので、今回はちょっとしたシーン別におすすめを分けています。それではいってみよう!

彼女(奥さん)のためにつくるなら

男が何か新しいことを始める理由のひとつに『彼女の為』といういかにも不純な動機があります。笑

まぁ、彼女ができたのに何も変わらないのも問題と思うから、これはこれでいいと思う。んで、もし彼女や奥さんの為にたまには料理をしてみようって思ったときに、何を作ればいいのか。ってことだよね。

女性ウケする料理はたくさんあると思うし、相手の好みもたくさんあるので一概には言えないけど、一般的には『手軽でちょっとだけおしゃれ』な料理が女子ウケすると思う。

もっと簡単に考えるなら『チーズ』『生ハム』『アボカド』『バジル』のようなおしゃれで家庭ではちょっとだけハードルが高い、女子に対するパワーワードがあれば何でもいいんじゃないか説もある。笑

パスタ系

女子ウケするパワーワード全てを担えるのがこのパスタっていう最強の料理。本格的なパスタ料理となると、正直初心者には難しいけど…。家庭料理というレベルの話であればかなりハードルは下がるし、ワンチャンソースはスーパーとかで売っているものでもいい。

大切なのは、自分で作ったという事と盛り付けにすこしこだわる事。パスタを茹でるのは時間さえ測っておけば大きな失敗はないので、手順としては『茹でる』⇒『あえる』⇒『盛り付ける』の3手順だけ。

盛り付けるときには平皿に山になるようにねじりながらもりつけ、その頂点にバジルの葉をひとつ乗せるだけで十分。パスタの種類によっては、『生ハム』や『水菜』『アボカド』などを盛り付けてもおしゃれになるしね。

鶏ハム

鶏ハムは鶏胸肉から作る低カロリーのハムみたいなもので、盛り付けによってはおしゃれな感じにもなるし、温玉子とかをつくってどんぶりにするのもあり。

鶏ハムの作り方に関しては、このブログでもいつか記事にする!はず!笑

クックパッドとかGoogle検索でもたくさん作り方でてくるので参考にしてみて。下準備は多少必要だけど、調理手順としてはお湯に突っ込んで放置するだけなので誰でも作れる。笑
一応参考までに『カズ飯』の動画を載せておきます。

節約のためにつくるなら

大学生や社会人になって一人暮らしをはじめると、まず最初の難関が『自炊』だと思う。まぁ、最近ではスーパーとかで安く惣菜も買えるし、なんなら500円あれば外食できるからそこまで困っていない人も多いのかも知れませんが、苦学生にとっては少しでも節約するために『自炊』は大切なこと。

もちろん『パスタ』でもかなり節約にはなると思うんだけど、米を炊くことでそだち盛りの男子にとってはかなり節約になる。ワンチャンおかずとか無しで米だけ炊いてればお腹いっぱいになるしね。笑

もやしの卵とじ

最強の節約食材といったも過言ではないのが『もやし』。安い店なら1袋20円で買える。

安い食材ではあるけど、栽培環境的にも生食は控えるほうがいいので、節約の為でも多少の調理は必要。あ、まったくもって生食できないわけではないけど、腐りやすい食材だし日光消毒されていないってのもあるので、基本的には火を通したほうがいい。

んで、おかずとしてもやしを使うなら、ちょっと炒めて溶き卵でとじた『もやしの卵とじ』がおすすめ。和風だしとかウェイパーとかいれておくとさらに美味しくなる。個人的にはソースかけて食べることが多く、十分白飯が進む。

一人暮らしの男料理なら

男料理の定義は分からんが、丼とかチャーハンとか一皿ですむ料理は一人暮らしの強い味方だと思う。洗い物も少なく済むし、そもそも一人暮らしの家って食器類もそこまで多くないと思うし。

んで、一皿だとかき込むように音速で食事を取ることができるので、何より時短になる。笑

チャーハン系

美味しい本格的なチャーハンを作るには圧倒的な火力と、温度を下げないために大きい中華なべが必要。まぁ、一般家庭にはそんなものはない。

有名な作り方としては、あらかじめご飯と卵を混ぜておく方法。卵かけご飯を炒めるって感じかな?笑

ただ、個人的にはおすすめしない。というのも、ご飯と卵を混ぜておくとご飯の周りに卵がコーティングされたような状態になるので、普通のチャーハンとは違った感じになる。あんかけチャーハンなんかだと美味しく感じるけど、そのままで食べるにはあんましかな。

家庭でチャーハンを作るときには、ご飯を固めに炊いて弱火で調理するといいと思う。『ねぎ系』⇒『卵』⇒『ご飯』の順番であせらずに炒める。ねぎや卵を炒めるときの油は、極力少なくしておいて(テフロンのフライパンならきほんくっつかない)ご飯を炒めている途中にごま油をすこし追加するとわりとパラパラになる。

料理ひとつ覚えることでいろんな物事の見方がかわる?

かなり適当にかいてみたけど、料理をすることは頭の体操にもなるし、思っている以上に色んな知識や技術がひつようになるので、やっぱりみんなに挑戦してもらいたいと思う。

何より今の世の中作ろうと思ったら殆どの料理のレシピは無料で手に入れることができる。クックパッドもそうだし、楽天レシピにも数え切れないほどのレシピがあるので、是非活用してみてください。僕もそのうち楽天レシピでレシピ投稿をしてみようと思っているので、はじめたら是非よろしくです。

-料理
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男子はとりあえず料理を覚えるべきだと思う7つの理由

本日のお品書き1 そもそも何で料理しないの?2 buffaroが思う男子が料理をすべき7つの理由2.1 【1】恐らく職に困ることがない2.2 【2】物事を順序だてて考える能力がつく2.2.1 1.食べ …