火傷で病院に行ったのは初めてでした。笑

Pocket

はい。みなさんどーもこんばんは!

左手包帯ぐるぐる巻きから開放されてつつあるBUFFAROです。

今日は、3/1のBUFFARO左手火傷事変で学んだことを皆さんにお伝えしたいと思っております。

あ、とりあえず左手の火傷はもうすぐ完治しますので、皆さん本当にご心配おかけしました。笑

火傷については「もっと上手に自分をコントロールしていきたくて」で触れているので少し読んでみてください。

火傷には慣れているつもりでした。

僕は学生のときから飲食店で働くことが多かったので、結構しょっちゅう火傷をしていました。いや、ドンくさいとかそういうのじゃなくて、料理していると油跳ねとか結構あるから、多少の火傷は日常茶飯事なんす。

んで、いつもは多少の火傷だったら冷やすこともしないで放置しています。

というのも、火傷って冷やすことでひどくならないように予防?できるらしいんだけど、一回冷やすと痛みが止まらなくなるイメージなんだよね。ちょっと水とか氷から手を離すと激痛が走るみたいな。

だから、仕事中のときは少しの間我慢しておけば、痛みが引くのは冷やさないほうが早いと思ってますww

過去に一度だけやばいと思った火傷

そんな火傷に慣れている僕ですが、今回の火傷以外にも過去に一度だけまじで詰んだって思った火傷があります。

それは250℃のオーブンで熱したフライパンを素手で持った時ww

これはマジで死んだと思った。というより左手なくなったんじゃないかって思うくらいの衝撃でしたww

触った瞬間に「熱い」じゃなくて「痛い」って感覚になった火傷はこれが生まれて初めての経験です。笑

んでも、このときも皮膚を熱したのが一瞬だったこともあって、火傷自体はそこまでひどくなかったと思います。実際に病院には行ってないし、その日も普通に仕事してたし。笑

油で火傷するのはひどくなるみたい

まぁ、普通に考えればわかることなんだけど、フライヤーの油(揚げ物の油)は平均で160~185℃に設定されていると思います。僕が今働いているお店でも185℃の温度に設定されています。

お湯で焼けどしたときは煮沸している状態でも100℃以下の熱なので、この時点で温度に佐賀あるのがわかりますね。

んで、問題なのは油って結構皮膚に残るってことだよね。笑

たとえば、熱々の鉄板に触ってしまった場合(僕がオーブンの中のフライパンを素手で持ってしまったときなど)は、鉄板から手を離せば、それ以上手に熱を受けることはありません。しかし、油の場合は粘度も多少あるので、しっかりと皮膚の周りに残ってじわじわと手を熱することができます。

なので、結果的には250℃のフライパンを持った時よりも、185℃の油を被ったときのほうが重症になりました。笑

やっぱり冷やすと痛みは続きました

油を被った瞬間に、さすがにこれはやばいなーって思ってすぐに冷やしたんですけど、冷やしたらもう終わり・・・。笑

少しでも左手があったまるもんならすぐに激痛がはしるので、常に冷やしてないと身動きも取れないレベルでした。仕事自体は早あがりしたんだけど、9時ごろだったので近くの皮膚かもやってないし、痛みのわりには見た目そこまでひどくなかったので、とりあえず薬局に行って薬ぬって痛み止め飲んでどうにかしようと・・・。

かなり冷やしたあとで、火傷してから1時間くらいでこれだけ水ぶくれができていました。

家に帰って薬をぬって痛み止め飲んだんだけど、痛みがぜんぜん引かなくて、同居人のsohta氏に色々と病院に電話してもらったりして。僕はその間痛みで噛締めてしまうので、タオル噛んで痛みに耐えてましたww

痛みが消えたのが大体午前一時ごろで、火傷してから5時間後で、冷やすのやめてからは3時間くらいたってました。いやー本当につらかった。笑

写真では少しわかりにくいかも知れませんが、薬指は結構紫色になっててつき指したあとみたいな色になってたのでちょっとあせってました。笑

翌日迷わず病院に

いや、痛みが消えたらこっちのもんで、基本的に僕は病院が嫌いなので(特に怪我とか病気ではあまり行きません)、次の日には痛みもなくなって病院にも行く予定はなかったのですが、彼女に怒られた+sohta氏にも病院行ったほうがいいんじゃない?と言われ・・・。

まぁ、バイト休むにしても労災とか色々手続きあるだろうから病院には言っておこうと思い・・・。

実際病院にいくときには労災の件で結構面倒だったので、それについてはまた別の記事でお話します。

んで、病院にいってみたら、火傷もそれなりにひどかったみたいなんだけど、火傷はそのあとの直し方のほうが大切らしく、水ぶくれがあまりにも大きく広範囲だったので、そこから感染症を引き起こさないように毎日通って消毒をするってことになり・・・。

こんな感じで包帯ぐるぐる巻きになりましたwww

火傷したの指だけかと思ってたら、手のひらとか手首とか結構な範囲火傷してたので、全部消毒するとこんな感じの厨二病っぽい左手の完成になりましたとさ。笑

3日目くらいが一番グロイ

火傷初日とかは水ぶくれくらいで見た目的にはそんなにひどくなさそうだったのですが、水ぶくれがつぶれたり、他の部分の皮膚も結構ダメージ受けてたみたいで時間がたつごとに結構皮膚の変色とか体液が出てたりとかで見た目が痛そうな感じになりました。

相変わらず写真撮るのがへたくそでごめんなさいww

こんな感じで毎日消毒しながらかれこれ16日経過・・・。

かなりよくなっているのでブログも更新できるくらい指は復活しています。ただ、まだ病院の許可が下りていないので消毒も継続で行いバイトの復帰はしていませんが。

まとめ

火傷って、僕の中では結構軽視していて、火傷したときの周りの対応をみても軽視している人が多いみたいですが、今回火傷してみてあまり軽視できないなーって思いました。

特に水ぶくれの処理については、医師によってもつぶすつぶさないで意見が分かれるようですが、自宅でつぶすのは結構な不衛生なのでやめましょう。つぶすにしてもしっかりと清潔にした状態できちんと消毒ができる病院で行わないとだめだなって思います。

僕は水ぶくれをつぶさないように治療していましたが、日常生活でどうしても何個かはつぶれてしまいましたが、毎日病院で消毒をしていたので感染症もなく、変に膿んだりすることもなかったのでかなりきれいに治りそうです。

皆さんももし油で火傷したら迷わず病院に行ってくださいなー。ではでは