やけどの正しい処置の方法ってどうなん?

Pocket

はい。みなさんどーもこんばんは!

最近はもっぱら食欲お化けになっているBUFFAROです。

おかげさまで焼けどもすっかりよくなってバイトも復帰して、タイピングも今まで以上に快適にすばやくできるようになったので一日5万文字くらいの文章なら余裕でかけます。って嘘をついてみます。

さてさて、実際火傷がほぼ完治したので、今までできなかったことがかなりできるようになったのでいろいろ脳内は忙しくなっています。笑 何より日常生活でストレスを感じなくなったのがでかい。笑

そんなちょっとひどい火傷をしたときに、処置の方法とか病院とかで困ったことがあったので今回は少し調べながら記事にしてみますた。

最終的には自己判断してね

今回は火傷の処置の方法ってことで、ネット上にもたくさんある情報と、自分の今までの経験を踏まえて記事にしているんだけど、実際に火傷したときの処置については最終的には自己判断になるのでそこだけ注意してください。僕は医者でもなければ看護師でもないので、専門知識はまったく持ち合わせていないので、素人が素人なりに火傷について本気出して考えてみたって程度の記事なのであしからず。

あ、こういう医療関係のネタで記事を書くときには法律的にも色々厳しいことがあって、つい最近でも大企業で色々と問題がありましたね。

個人的にはこういうネットの問題ってまだまだ山積みのところがあるので、少しでもこの業界にかかわっている人間としては何か役に立ちたいって気持ちはあるんだよね。ってことはまた別の記事でお話します。笑

火傷を水で冷やすのは常識じゃない!?

火傷したら皆さんはまずどうしますか?

ほとんどの方がまず水や氷で冷やすことを考えると思います。まぁ、基本的には僕もそうなんですが、水は近くにあっても氷が身近にないってことも多いですよね。んで、一番簡単に患部を冷やすことができるのが水道水で冷やすって方法。

これ、今まで正しいとされてきたんですが、最近?では批判する医師も居るそうです。

っていうのも、火傷した後って皮膚がかなりのダメージを受けているので、流水を当てることでダメージを受けた皮膚にさらにダメージを与えることになってしまうのだとか。そうやって言われるとちょっと納得してしまう。

前の記事でも少し書いたけど、最近では水ぶくれに対してもつぶすのと潰さないので意見が分かれるようにこの流水で冷やすことに対しても意見が二極化しているようです。んで、実際どうしたらいいのかといったら、たぶん患部を直接冷やさなきゃいいんじゃないかな?って感じに思っています。

僕がこの間火傷したときには、流水で30分くらい冷やしたんですが、実際に患部の皮膚がふやけてしまっていて、少しでも触ると皮膚が傷つきそうで怖かったので、流水で冷やすって言うのは少し怖く感じます。

もし冷やすにしても一度は流水で冷やして、その後はタオルとかで水滴がつかないようにした氷で冷やすのがいいのかなーって思います。

素人判断は難しい火傷の度合い

火傷の処置の方法は、火傷の度合いによってかなり変わるみたいです。実際ちょっとした火傷だったら市販の薬を塗っとけばおっけーって感じ出し、なんなら薬なんて塗らなくてもほうっておけば勝手に治るし。笑

ちなみに僕が火傷したときは帰りに薬局でこんな感じの薬を買って自分で処置しました。けど、アッチQQに関しては使えなかった。説明書?に「水ぶくれが生じている火傷には使用しないように」と書いてあって、僕の左手は水ぶくれだらけだったのでww

ちょっと調べて見た感じだと、あまりにもひどい火傷の場合には、神経も壊れてしまうので痛みを感じなくなるそうです。僕の火傷の場合は水ぶくれや皮膚の変色はあったものの、痛みをかなり感じたのでそこまでひどくなかったってことかな?

んで、この痛みを感じない場合には自分で処置せずにすぐに病院に行くようにしましょう。場合によっては119番でもいいレベル。

水ぶくれもできない程度の火傷の場合には、30分から1時間くらい冷やして薬を塗るなどの自宅で処置できると思います。結局は自己責任なのでなんともいえませんが。

少しでも痛みを抑える方法

病院にいくまでの間は、自分がどれくらいひどい火傷をしたのかもわからない状況でかなりあせっているのも合ってかなりの激痛でした。正直この痛みだけでもどうにかしたいと思う。笑

火傷した場所はかなり敏感になっているので、空気が触れるだけもヒリヒリと痛むので、昔ながらの馬の油的な軟膏を塗るだけでも痛みはある程度引くと思います。とにかく空気に触れさせないことが痛みを軽減する第一歩だと思う。僕の場合は「メモA」という切り傷とか軽度の火傷に使える軟膏を塗りたくってました。

ネットの情報にはこの上からさらにサランラップを巻くことで痛みを減らすことができると書いてありました。が、なんとなく皮膚が呼吸できなくなりそうで怖かったので僕はやりませんでした。

救急外来ではほとんど受けていない

僕が火傷をしたのが20時過ぎで、病院を探し始めたのが22時前くらいでした。sohta氏に色々と電話で診察してくれる病院を探してもらったのですが、火傷を見てくれる医師が居る病院が見つからなかったというのが事実です。

火傷って皮膚科で診療してもらうものなので、救急外来には皮膚科を専門とする医師がほとんど居ないようです。仮に受け入れてもらったとしても、外科医が診察するので、薬をぬって痛み止めを出す程度の処置しかできないとのことでした。まぁ、僕の火傷の場合は命にかかわるほどの大きな火傷ではなかったのでいいのですが、水ぶくれや変色があるので痛みを感じないような火傷の場合には迷わずに119番したほうがいいのかもしれません。

少なくとも、救急隊員は色々な怪我や病気の知識を持っているでしょうし、患者よりも病院についての知識もあるでしょうから、痛みを感じない火傷は119番しましょう!

まとめ

とにかく火傷してやばいって思ったら病院に行きましょう!笑 特に火傷をした後の消毒などもかなり大切になり、特に女性の方や、後が残ってほしくない場所に火傷をしたときにはしっかりと病院で処置してもらったほうがいいと思います。

火傷って切り傷みたいに大量の血が出るわけじゃないから軽視されがちですけど、低温火傷みたいに実は重症ってこともあるので、本当に怖いですね。特に「痛くないから大丈夫」というのが通用しないのが怖いところ。むしろ「痛くないからやばい」って感覚が正しいのかもしれません。